献血対象者献血者の行動の理解と説明

Publication Date: 17 April 2024
Continuing Education Units: Hours: 0.5

Lecture Description:

本講演では、Sanquin社のドナー医学研究主任研究員であり、アムステルダム自由大学(Vrije Universiteit in Amsterdam)のドナー行動学教授であるEva-Maria Merzが、ドナーの動機と障壁の概要、ドナー行動学に関する研究について説明し、関連する学際的な研究例を紹介します。

Lecture Objectives:

• 献血行動の主な動機と障壁の概要 
• 研究における欠点 
• ドナーの行動に関する理論モデル 
• さまざまな分野からの研究例
  • Run Time: 36 minutes

Lecture Instructor Bio(s)

Headshot placeholder

Eva-Maria Merz, PhD

Principle Investigator, Donor Medicine Research, Sanquin Research, Amsterdam 
Professor in Donor Behaviour, Vrije Universiteit, Amsterdam
Eva-Maria Merz は家族研究と人口統計学についての知識を持つ社会科学者です。Sanquin社のドナー行動研究部門の責任者であり、アムステルダム自由大学(VU)社会学部ドナー行動学の教授です。ドナーの行動というテーマにおいて理論的・応用的な専門知識を組み合わせ、ドナーのライフコースや、さまざまな状況における個人的・社会的ネットワークの特性の影響について研究しています。Merz氏の研究は、オランダ血液銀行や国際的な科学組織、例えばBEST(Biomedical Excellence of Safer Transfusion)共同体、国際輸血学会(ISBT)などでの実りある共同研究から恩恵を受けています。社会学、人口統計学、輸血研究、社会医学など、さまざまな分野の一流誌で54本の査読付き学術論文(筆頭著者(メイン)または最終著者(プロジェクトリーダー)として32本)を発表しています。知識の活用と影響力はMerz氏のにとって非常に重要であるため、科学的成果をオープンアクセスで発表し、さらに応用的な出版物や一般的なメディアにも掲載しています。google.scholarによれば、Merz氏のH-indexは22です(2021年8月)。この5年間、オランダ内外のさまざまな非科学的イベントで頻繁に(20回以上)講演を依頼され、主要な科学会議では数回基調講演者として招かれました。2018年にはポスドクの1人がNWO(オランダ科学研究機構)のVeni助成金を獲得し、2020年には別のポスドクがSanquin研究助成金の獲得に成功しました。2017年以降、Merz氏の博士課程の学生3人が学位論文の審査を無事に突破しました。Merz氏 は、若い研究者の学問的成長とキャリアをサポートすることは、先輩研究者の最も重要な仕事のひとつであると確信しており、この仕事に全力を注いでいます。
enroll.svg
ENROLL NOW

You Must LOG IN to Enroll

print certificate icon

attended a lecture?

question mark

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS